誰もが一度は気にしたことがあるカロリー。チャイってカロリー高いのかな・・・、あまり飲み過ぎると太るのかなぁ、なんて思っている方はこの記事をご覧ください。

ただし、心配は無用です。結論から申しますと、「チャイのカロリーは自分でコントロールできる」ということです。甘いから太りやすいとは完全な誤解で、何を摂取しているかによって太りやすさは変わっていきます。実はカロリーオーバーしてしまう要因は、好みで入れている甘味料そしてミルクの種類なのです。

チャイのカロリーは?

チャイに含まれるカロリー数値について

チャイ本体のみなら香辛料とブラックティーなのでほぼカロリーはゼロ。例えば、PRANA CHAI ORIGINAL BLEND では一杯約25カロリーとなっています。
ただし、これに甘味料とミルクを加えるとその数値は大きく変化します。
街のカフェで「チャイラテ」をオーダーしてみて下さい。ここでチャイのカロリートリックの説明をしましょう。

大体の場合、12オンスカップのチャイラテには平均一杯200kcalがカウントされています。牛乳で作ったチャイラテ、これを基準とします。

牛乳を豆乳に変えるだけで、180kcal、低脂肪牛乳なら160kcalという結果が出ています。

そして何より大事なのはチャイの材料です。PRANA CHAIのようにホールリーフ(加工していない茶葉)とハチミツのようは自然由来の甘味料を使用しているのならあまり心配はいりませんが、加工茶葉に加え人工甘味料を使っている場合は要注意です。

ノンシュガー・カロリーゼロ・砂糖不使用・・・これら全ての甘さは「人工甘味料」で甘み人工的に作られものです。実際に砂糖よりも太る原因がこれだと研究結果も出ています。

ただし、人工甘味料は絶対にダメというわけではなく、体質によって人工甘味料でなければだめという人もいたり、持病などの問題でカロリー数値を上げることができず、人工甘味料に頼らなければならないという人もいます。

そして、自宅でよくチャイを淹れる人はもっとカスタムすることが可能です。甘味料を加えるのはやめて、水とスキムミルクを1:1で割りそれで淹れてみましょう。これこそ、「ローカロリー」ドリンクですね。

チャイはダイエットに適している?

一途に「チャイはダイエットにいい」とは言えません。ここで考えなければならないのはチャイは何からできているのか・・・ってことです。そしてチャイにはダイエットを手助けする様々な要素が含まれています。ただし、甘味料の追加はほどほどにしておきましょう!!

スパイスはもちろん様々な利点があるのは有名ですよね

ミルクは重要なタンパク源になるし、空腹を紛らわすことができます。それにより、チャイをスナック変わりにする人もいるようです。とてもいいアイデアですね。

チャイだけ飲んで痩せる・・・なんてそんないい話はありません笑
日々の健康はバランスの良い食事からと何年も前から言われているように、極端なダイエットや食事はあまりいい結果を見込めません。程よい量を、バランスよく。そして、なるべく自然由来のものを中心に極力保存料を使用した食材は選ばない・・・それを意識するだけで身体のコンディションは良くなるはずです。

PRANA CHAIはその大事な食生活のほんの一部にすぎませんが、ALL NATURAL素材であることから、皆様の日々の健康的な生活を少しでも手助けできれば幸いです。